本文へジャンプ


Monroe ISOPROBE®表面電位計 244A

1017Aシリーズ プローブ使用
Model 244A

特徴
  • 高速応答 3ms
  • ±3kVレンジ
  • 精度0.1%
  • 表面電位計の標準器

モンローエレクトロニクス表面電位計244A型は第5世代のモンローエレクトロニクス表面電位計として1978年に開発されたものですが、等電位帰還方式の表面電位計の基本的全体性能の限界を追求して確立した測定器で、現在も多くの分野で表面電位測定の標準器として使われています。244A型は非接触で、絶縁体、半導体、あるいは導体の電位を、1.0mmスポットの狭い領域からさらに広い領域まで測定することができ、特許の特殊な技術を使っているため、高精度で、ドリフトがなく、プローブと測定面の距離にほとんど依存せず測定をすることができます。

1017A型プローブを使うと、244A型は±3kVの測定範囲で非常に速い応答の測定ができます(通常入力に対し応答時間<3ms)。測定値は4桁表示のLCDメータに表示されます。

用途の代表例としては、乾式複写機と電子写真関連の測定、エレクトレットの測定、静電気敏感電子部品の開発、製造、取扱に関わる測定あるいは静電気蓄積の監視管理に関わる測定などがあります。

仕様
測定レンジ ±3,000V
測定精度* 0.1%±0.003%/℃(20℃~40℃の範囲でのレコーダ出力の値)、+50℃まで使用可能
応答時間 典型的な入力に対して   <3ms(10%~90%)
1kVステップ入力に対して <2.5ms(10%~90%)
2kVステップ入力に対して <3.5ms(10%~90%)
3kVステップ入力に対して <4ms(10%~90%)
整定時間 <3.5ms(1kVステップ入力の1%以下)
周波数応答 >300Hz(±3db、典型的な小入力に対し)
ドリフト* <0.01V/hr(1時間のウォームアップ後)、典型例:0.003V/hr
10℃の温度変化、10%~90%の間の温度変化による影響は測定不能なほど小さい
ノイズ* <0.3Vrmsまたは2V広帯域P-P値(入力換算)
表面分解能 プローブ開口の大きさと表面-プローブ間の距離に依存
開口直系1.75mmの標準プローブ1017AE型と1017AS型の場合、プローブ設定距離を0.5mmとすると分解能2.5mmスポット
レコーダ出力 アナログ出力で、入力比1/1000、オプションの244AKは入力比1/200。
外部負荷:>1kΩ
コネクタはBNC
レコーダ出力遅れ 一定遅延フィルタ使用で0.7ms
寸法 10cm x 21.6cm x 35cm (H x W x L)
ラックマウント可能(ラックあたり1または2ユニット)
重量 3.2kg
電源 100、115、230VAC±10%、50/60Hz、15watts
*これらの数値はプローブの型式、測定面―プローブ間の距離および測定環境に依存します。ここに示した仕様値は、標準プローブ1017AEあるいは1017ASを使い通常の研究室環境下での測定に対するものです。プローブ設定距離は、精度と応答速度の私権知多視しては3mm、ノイズとドリフト試験に対しては0.13mmです。これらの数値で示される性能は、一般的に、良く管理された測定環境下で使用すれば良くなり、またひどく汚れた埃っぽい環境下あるいは不安定な気体成分を含む環境下で測定すれば悪くなります。

プローブ
標準プローブ1017AE(エンドヴューイング)あるいは1017AS(サイドヴューイング)は寸法が9mm x 9mm x 72.5mmで曲げの最小曲率20mmのケーブルに接続されている。
プローブ内部には電極、1kHzで振動する音叉駆動部およびプリアンプが組み込まれています。使用温度範囲は-50℃~+80℃。標準プローブ以外に高分解能プローブ、低分解能プローブあるいは光減衰測定用透過型プローブもあります。
各プローブのケーブル長は3.05mです。空気あるいは不活性気体によるプローブの洗浄もできるようになっています。
本体のプローブ接続位置は標準として裏面パネル上、オプションとして前面パネル上にあるようになっています。


Monroe Isoprobe®表面電位計±15V 244AL

1017Aシリーズ プローブ使用
Model 244AL

この装置は標準機であるISOPROBE®表面電位計244Aを高速応答、低ノイズで測定レンジ±15Vの計測用に改良したものです。

用途
244AL型は汎用物質分析と評価装置として設計されています。
ミリボルトレンジでの静電気ポテンシャルを非接触で計測できます。

代表的で利用可能な用途は、
  • コンタクト・ポテンシャル(Contact Potential)測定
  • 電子写真計測
  • 絶縁体および半導体の放射効果
  • エレクトレット計測
  • 生体電場(Bioelectric Field)研究

仕様
測定レンジ ±15V
測定精度* 0.1%または10mV(いずれか大きい方)
メータ分解能 10mV
ノイズ 20mVrms(典型的な入力に対して)
応答速度 2ms(10%~90%)
レコーダ出力 1:1、±15volts
ドリフト* 10mV/h
出力フィルタ ベッセルローパスフィルタ、0.7ms一定遅延
寸法 10 x 21.8 x 35.6 cm
1.75"ラックマウント可能(ラックあたり1または2ユニット)
電源 100、115、230VAC±10%、50/60Hz、15watts
*ここに示した仕様値は、1017AELEあるいは1017AESを使いプローブ設定距離0.13mmです。最良のドリフト性能を得るには、プローブを安定した研修室環境の元で良くろ過された空気か不活性ガスで洗浄されている必要があります。

その他の詳細は244Aシリーズおよび1017Aシリーズのカタログをご覧頂くか弊社へお問合せ下さい。